おばけたまにっき

たまに更新されるDJ Obakeのブログ。

ニューロン・ハイパーリンク

妄想による仮説のメモ。

 

イマジネーションとは、ニューロン・ハイパーリンク(いまつくった造語)の産物ではないだろうか。

 

ニューロン・ハイパーリンクとは、ニューロンネットワークをインパルスが誤走/錯綜する事により、本来は別の系統に仕分けされている記憶を内包するニューロン同士が紐付けらる状態。これにより、非系統的な発想に至るのではないか。また、ニューロンを結ぶ神経線維にランヴィエ絞輪が存在するのであれば、跳躍伝導の際に誤ったレシーブが起きることにより、シナプスや神経線維網の物理的な関連・制約に依らない。よって、よりランダムな発想が可能になっているのではないだろうか。

 

非系統的な記憶モジュールの紐付けは、人間の主観というフィルタリングを通さない、よりロウな世界像の把握に繋がるだろう。

また、跳躍伝導の錯綜により、インパルスの伝達スピードが通常思考時の10倍にも及ぶはずであり、「閃き」や「天啓」、「悟り」の説明にも繋がる。

 

この非系統的、非論理的な思考プロセスの発動の鍵は、差し当たり「誤謬」にあると思われる。認識が誤謬により上書きされ、知覚にフィードバックされることにより、爆発的な意味生成プロセッシングが可能になるのだ。